Login Register
icon_bulk_orderBulk order Acrobiosystems for English
0
There is no goods in the shopping cart !
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z 0-9
Your Position: Home > 4回膜貫通型タンパク質Claudin18.2(HEK293に発現)

4回膜貫通型タンパク質Claudin18.2(HEK293に発現)

4回膜貫通型タンパク質Claudin18.2(HEK293に発現)
背景

           Claudin18.2の構造
Claudinタンパク質ファミリーは、1998年に古瀬氏によって発見されました。上皮内皮間のタイトジャンクションに存在している4回膜貫通タンパク質のことです。細胞間の分子交換をコントロールし、タイトジャンクションを維持する機能を持っています。少なとも27のファミリーが存在しています。Claudin18.2はClaudin 18のサブタイプで、Claudinファミリーの中で最も注目されている遺伝子です。正常細胞ではClaudin 18が胃粘膜の分化した上皮細胞に局所的に発現しますが、胃腸腺がん、膵臓がん、胆管がん、卵巣がん、肺がんと複数のがんで高発現していると言われています。Claudin 18.2を標的にする薬物にはモノクローナル抗体のほか、二重特異性抗体、ADC、CAR-T療法も含まれています。
細胞膜の内と外との情報伝達の主な経路として働いているが、細胞膜の表面に限局し高発現している複数回膜貫通型タンパク質は通常細胞毒性があるため、組み換え発現される複数回膜貫通型タンパク質は発現量が低く可溶性タンパク質を得ることが困難です。また、抽出と精製の過程で立体構造とタンパク質活性を維持するために適切な界面活性剤を可溶性剤として必要とします。したがって、天然の構造と活性を持っている複数回膜貫通型タンパク質を得るのは非常に困難です。理想的な抗原Claudin18.2が得られないことは、Claudin18.2を標的にする薬物と治療法の開発の妨げとなります。
4回膜貫通型タンパク質Claudin18.2の完全構造のコンフォメーションを得るのが難しい問題を解決できるよう、弊社はVLP膜タンパク質−可溶化剤技術を用いて、全長完全な構造と抗原性エピトープを持ったClaudin18.2-VLPと、Claudin18.2-DDM/CHSの製品開発に成功しました。この製品はClaudin18.2タンパク質の天然構造が保たれています。ELISA/BLI/SPRの検証により、生物活性も高く、薬物開発に活用できることが証明されました。高品質なClaudin18.2をSPR&BLI分子相互作用 実験、抗体スクリーニング、特性評価、一貫性の評価 、または医薬品開発や抗体医薬品の臨床研究に活用できます。
製品リスト
分子製品番号詳細用途注文/予約注文
Claudin18.2CL2-H52P7
NEW
Human Claudin-18.2 Full Length Protein-VLP (HEK293)免疫抗原
ELISA
SPR/BLI
細胞レベルでの実験
CAR陽性検査

注文

Claudin18.2CL2-HF218
NEW
Fluorescent Human Claudin-18.2 Full Length Protein-VLP (HEK293)

注文

Claudin18.2CL2-H82E3Biotinylated Human Claudin-18.2 Protein, His,Avitag™ (active membrane protein)免疫抗原
ELISA
SPR/BLI

注文

Claudin18.2CL2-H5587
NEW
Human Claudin-18.2 Protein, His,Twin-Strep Tag (active membrane protein)

注文

VLPVLP-N5213Virus-Like Particle (VLP) isotype controlVLPコントロール

注文

VLP-NF2P4Fluorescent Virus-Like Particle (VLP) isotype control

注文

BufferDC-11200x DDM CHS buffer膜タンパク質の可溶性と活性を維持
膜タンパク質または抗体の希釈
SPRまたはBLI法を使った実験バッファーの作成

注文

Claudin18.2製品の特徴

ELISA/SPR/BLI/FACSに関するプロトコルを提供可能です。お気軽にお問い合わせください。

全長Claudin18.2-VLP
(CL2-H52P7CL2-HF218)
Claudin18.2-VLP
ユニークな技術
天然で完全な構造を有しているので、天然膜タンパク質構造の抗体作成率が高くなる。
免疫原性を改善できる。
発現量は高発現細胞より高い。
               100-300 nmの大きさで、体内樹状細胞とファージディスプレイのターゲットに最適。
免疫/ELISA/SPR/BLIなどに利用できる。
完全エピトープClaudin18.2-DDM/CHS
(CL2-H82E3, CL2-H5587)
Nanodisc Platform
ユニークな技術
Claudin18.2は完全なコンフォメーションを持っています
少量への希釈が可能。
可溶化剤DDM/CHS(DC-11)は特別な技術で処理されているので、水溶性が大幅に改善されている。
ビオチン標識Claudin18.2(CL2-H82E3)も提供。
タンパク質の活性が高く、免疫抗原/ELISA/SPR/BLIなどに利用できる。

全長Claudin18.2-VLP

SEMによって検証済みアセンブリ
全長Claudin18.2-VLP(CL2-H52P7)を電子顕微鏡で観察し,構造が正確であることを確認。
Claudin18.2-VLP
ELISAによって検証済み良好な生物活性
ELISA

Immobilized Human Claudin-18.2 Full Length Protein-VLP (Cat. No. CL2-H52P7) at 5 μg/mL (100 μL/well) can bind Monoclonal Anti-Chimeric Claudin-18.2 Antibody, Human IgG1 with a linear range of 0.2-3 ng/mL (QC tested).

SPRによって検証済み高親和性
SPR

Human Claudin-18.2 Full Length Protein-VLP (Cat. No. CL2-H52P7) captured on CM5 Chip via Anti-Claudin-18.2 antibody can bind Anti-Claudin-18.2 antibody with an affinity constant of 0.374 nM as determined in a SPR assay (Biacore T200) (Routinely tested).

CAR陽性実験に適しています。
FACS検証によって、Claudin18.2-CAR-293細胞にHuman Claudin18.2-VLPタンパク質(カタログ番号CL2-HF218))と陰性対照タンパク質(カタログ番号VLP-NF2P4)をそれぞれトランスフェクトした。 Claudin18.2-VLPタンパク質(カタログ番号CL2-HF218))がClaudin18.2-CAR-293細胞に特異的に結合できることを示しました。
Good bioactivity validation of CD20-DDM/CHS

2e5 of Anti-Claudin-18.2 CAR-293 cells were stained with 100 μL of 3 μg/mL of Fluorescent Human Claudin-18.2 Full Length Protein-VLP (Cat. No.CL2-HF218) and negative control protein respectively, FITC signals was used to evaluate the binding activity (Routinely tested).

完全エピトープClaudin18.2-DDM/CHS

ELISAによって検証済み良好な生物活性
Good bioactivity validation of full-length CD20-DDM/CHS

Immobilized Human Claudin-18.2, His,Twin-Strep Tag (Cat. No. CL2-H5587) at 2 μg/mL (100 μL/well) can bind Monoclonal Anti-Chimeric Claudin-18.2 Antibody, Human IgG1 with a linear range of 0.1-2 ng/mL (QC tested).

SPRによって検証済み高親和性
Good bioactivity validation of CD20-DDM/CHS

Anti-Claudin-18.2 mAb captured on CM5 chip via anti-Human IgG (Fc) antibody can bind Human Claudin-18.2, His,Twin-Strep Tag (Cat. No. CL2-H5587) with an affinity constant of 6.72 nM as determined in a SPR assay (in presence of DDM and CHS) (Biacore T200) (Routinely tested).

臨床創薬利用の実例
NameResearch CodeResearch PhaseCompanyIndicationsClinical Trials
参考文献

Jumper J, et al. Highly accurate protein structure prediction with AlphaFold. Nature (2021)

Furuse M, et al. Claudin-1 and -2: novel integral membrane proteins localizing at tight junctions with no sequence similarity to occludin[J]. J Cell Biol(1998)

This web search service is supported by Google Inc.

totop
Call us
Call us
North America: +1 800-810-0816 (Toll Free)
Asia & Pacific: +86 400-682-2521
Fax
Fax
+1 888-377-6111
Address
Address
1 Innovation Way, Newark, DE 19711, USA

Leave a message